大分の廃車、中古車買取見積り、税金などの還付金の相談はカーチアーズへ

カーチアーズでは、大分市を拠点に大分県内、九州内で発生する廃車(スクラップ車)、修理不可能な事故車、及び修理可能な事故車、中古車を車の状態を見てそれぞれの買取方法に分類して適正な価格で買取をしております。

廃車(スクラップ車)、修理不可能な事故車とは、走れなくなった車のことです。
では、なぜ走れない車をカーチアーズでは買い取ることができるのかということですが、
この場合再利用資源物(リサイクル品)として、主に自動車の重量を基本に算出して買取金額を提示いたします。

自動車は鉄、アルミ、銅などの資源物を加工して組み立てられたものです。
再利用資源物(リサイクル品)としてこの自動車を分類、分別分解してある程度の重量にまとめて国内や海外へ出荷して溶鉱炉などで溶かして新たなものに生まれ変わり再利用されます。
このことから自動車の価値がなくなった廃車、事故車で走れなくなった車でも、鉄、アルミ、銅などの再利用資源物(リサイクル品)としての価値での買取ができるのです。
そこで、注意していただきたいのは同じ自動車でも買取金額の提示はいつでも一緒ではないということです。

カーチアーズはお見積り有効期限がありますが、それは鉄やアルミ、銅などの価格の相場の増減によるためのものです。

再利用資源物(リサイクル品)が国内や海外に大量に在庫がある場合や、溶解して再利用される構造物などの建設がない時などはどうしても分別出荷した資源物の買取が安くなってしまいます。
買取金額がいつも同じであれば看板などで定額表示ができるのですが、相場に左右されるためそれは出来ないのです。看板で買取金額を表示される会社もありますが、いざ買取をお願いしたらぜんぜん違ったという声を聞きます。相場が高い時期なら良いですが、安い時期だと注意が必要です。
看板設置広告ができないので、カーチアーズでは、Web内で買取自動計算システムを導入して相場の変動に即対応できる計算システムがあります。ぜひ車検証をお手元に置い操作してみてください。自動計算ですので、連絡先なども不要ですので安心して操作できます。

自動車の分解方法は、
①入庫した自動車のエアコンに使われるフロンガスをフロンガス回収機により完全に抜き取ります。回収したフロンガスは大型のボンベに回収され、ボンベがいっぱいになった時点でフロンガス適正処理センターへ出荷します。
②エアバック装備車のハンドル、助手席、その他シートベルト、サイドエアバックなど衝突時に作動するすべてのエアバックの取り外しをします。その後エアバック適正処理センターへ出荷します。
③ダッシュボード(インパネ)の取り外し、再利用リサイクル品として銅線を回収します。
④タイヤ、燃料タンクを取り外します。
⑤車体からエンジンを下ろします。エンジンから鉄、アルミ、銅線に分別分解して再利用リサイクル品としてまとめて国内や時には海外へ出荷します。
⑥車体か足回り(ストラット)、マフラーなど取り外しできる再利用リサイクル品をすべて取り外します。
⑦車体のみとなったものをシートやガラスと一緒に混合鉄として出荷します。

車検証などと一緒に保管されています預託証明書(リサイクル券)は上記のように分解で回収する廃棄物を適正に処理されるために、預託されたものです。
エアバック類料金、フロン類料金は適正に回収処理されるための料金です。
シュレッダーダスト料金とは、シートやガラス、ダッシュボードなどの産業廃棄物を適正に処理するために必要な費用なのです。

弊社では自動車リサイクル業を行うために必要な許可をすべて持っていますので、自動車を分解処理した後に発行される解体記録証明書が発行できます。この証明書は、自動車税や重量税、自賠責保険などの還付金請求に必要な証明書となります。自動車税の還付請求ができるのは普通自動車のみですが、毎年4月~翌年3月までの納税分を還付金請求できるということです。分かりやすく言えば、9月に廃車にした時に解体記録証明書が発行されたあとで翌年3月までの残りの自動車税を還付請求できるのです。同様に、解体記録証明書があれば重量税や自賠責保険の還付金も請求できます。

カーチアーズでは、廃車~還付金請求の申請もできます。
お気軽にご相談ください。