廃車する自動車のローンが残っている場合

車をローンで購入するとき所有者は誰になっているか?あまり意識しないかもしれませんが、ローン(残債)が残っている車を廃車にするには、この『車の所有者』が重要になってきます。
車の所有者が自分か、自分以外の場合かによって、廃車にできるかどうかが変わってくるためです。

廃車する自動車のローンが残っている場合は、車検証の所有者が、自分ではなく「お金を借りている会社の名義になっているため」基本的には廃車手続きにすることはできません。
車検証の所有者欄にローン会社や自動車販売店の名称等が記載されている 場合には、所有権の解除の手続が必要になります。

車検証の『所有者の氏名又は名称』の欄に記載されている名前が、その車の所有者です。
ローンで購入した場合には、自分の名前ではなくディーラーやローン会社の名前になっていることがありますので、まずは車検証を確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。