廃車の手続き

 

お客様のお車をお預かりした段階では、まだ廃車は終わっていません。
お預かり後、一旦そのままの状態で預かっています。

まずは運輸支局で名義の手続き・ナンバープレートの手続きをします。お客様から名義の手続きに必要な書類(印鑑証明・委任状等)をお預かりし、ナンバープレートを外します。

次に「一次抹消」するための手続きを行います。専用の書式・OCRシートなど様々な書式がありますので、その書類を作成後に運輸支局に持参し手続きを行います。これが終わって初めて「一時抹消」という状態になります。まだ廃車ではありません。

一時抹消になると、初めて車本体の解体処分が始まります。解体が終わりシステムへ登録が終わると、今度は「永久抹消」という手続きに入ります。この手続きが終わり、「永久抹消」になると、初めて廃車した状態になります。

永久抹消には、解体記録日と移動報告番号というものが必要になりますが、これは解体業者でなければ発行することができません。ここまで行って初めて重量税の還付が受けられるようになります。重量税の還付=実際に還付金が振り込まれるまでは、1~2か月ほどかかるイメージです。車を買い取る代金は車を受け取りした時、還付金は時間が経ってから振込されるイメージです。

なかなか沢山の手続きが必要で、実際に重量税の還付が受けられるまでも時間がかかるのですが、カーチアーズでは税金還付の手続き代行も承っておりますので、お気軽にご相談ください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。